難民ニュースアーカイブ

国内外の難民(refugees)、避難民(displaced persons)、庇護希望者(asylum seekers)についてのニュースを紹介するブログです。

アフリカ

コンゴ民主共和国(DRC):北西部で起きた地域グループ間の戦闘で7万人が避難

記事名 コンゴ民主共和国(DRC):北西部で起きた地域グループ間の戦闘で7万人が避難
著者名 不明
最終更新日 2009, December 11
サイト名 国境なき医師団>ニュース
記事URL http://www.msf.or.jp/news/2009/12/2170.php
アクセス日 2009, December 14
キーワード コンゴ民主共和国 アフリカ 難民 国内避難民 コンゴ難民(DRC) 大量流出
要点
  • コンゴ民主共和国の赤道州では、今年10月頃から地域グループ間による戦闘が激化、これにより7万人以上が避難した。
  • このうち約4万人が国内避難民として同国内部に避難、約3万4000人が国境を越えて隣国のコンゴ共和国に避難した。
 
*リンク切れなどの場合にはコメントでお知らせください。

ケニアのソマリア難民がより空いているキャンプへと移動

記事名 Somali refugees in Kenya go to less-congested camp(=ケニアのソマリア難民がより空いているキャンプへと移動)
著者名 (AP通信)
最終更新日 2009, August 18
サイト名 Yahoo! News
記事URL http://news.yahoo.com/s/ap/20090818/ap_on_re_af/af_kenya_somali_refugees_1
アクセス日 2009, August 20
キーワード ケニア アフリカ 難民 ソマリア難民 難民キャンプ
要点
  • ケニアには世界最大の難民キャンプ(The Dadaab complex)がある。このキャンプは本来定員が9万人であるが、現在は定員を上回る28万人の難民が避難している。
  • 当キャンプの過密を緩和するために、1万2000人以上の難民がバスで、別のキャンプへと移送されることになった。
*リンク切れなどの場合にはコメントでお知らせください。

難民たちが生理用ナプキンを生産して収入を増やしている

記事名 Refugees boost their income producing sanitary towels
(=難民たちが生理用ナプキンを生産して収入を増やしている) 
著者名 VAUGHAN, JENNY
最終更新日 2009, August 10
サイト名 Daily Monitor
記事URL http://www.monitor.co.ug/artman/publish/news/Refugees_boost_their_income_producing_sanitary_towels_89427.shtml
アクセス日 2009, August 11
キーワード ウガンダ アフリカ 難民 コンゴ難民(DRC) 難民キャンプ
要点
  • ウガンダの難民キャンプのすぐ外にある生理用ナプキン工場が急成長している。
  • この工場でナプキンを作っているのはコンゴ民主共和国から逃れてきた難民で、月に3万〜5万ウガンダシリングを稼いでいる。
  • 難民女性の多くは、今まで生理用ナプキンを購入することができず布などで代用してきたが、この難民たちが作った生理用ナプキンは無料で使うことができる。
*リンク切れなどの場合にはコメントでお知らせください。

スーダン南部の難民キャンプで185人が殺害

記事名 185 die in attack on refugee camp in southern Sudan
(=スーダン南部の難民キャンプで185人が殺害)
著者名 不明
最終更新日 2009, August 4
サイト名 Los Angeles Times
記事URL http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-sudan-killing4-2009aug04,0,3889822.story
アクセス日 2009, August 7
キーワード スーダン アフリカ 国内避難民 スーダン難民 事件 難民キャンプ
要点
  • スーダン南部の難民キャンプで185人以上が殺害された。
  • 殺害された難民のほとんどは女性と子供
  • スーダンでは政府軍と反政府軍の間の紛争に加え、部族間での牛や領地を巡る争いが起きており、後者だけで今年に入ってから1000人以上が命を落としている。
*リンク切れなどの場合にはコメントでお知らせください。

ルワンダ難民は自国への帰還を迫られているが、彼ら自身は危険だと考えている

記事名 Rwandan refugees pushed to return to a home they consider unsafe(=ルワンダ難民は彼ら自身がまだ危険だと考える本国への帰還を迫られている)
著者名 Simon. Ben
最終更新日 2009, July 30
サイト名 The Christian Science Monitor
記事URL http://www.csmonitor.com/2009/0730/p06s04-woaf.html 
アクセス日 2009, August 7
キーワード ウガンダ アフリカ 難民 ルワンダ難民 強制送還 難民キャンプ
要点
  • UNHCRとウガンダ政府はウガンダに居住する約18000人のルワンダ難民の帰還させることを検討している。
  • UNHCR当局は今この時期にルワンダ難民を帰還させることは問題ないと考えているが、ルワンダ難民自身は今本国に戻ることは非常に危険であると帰還を拒んでいる。
  • UNHCRやウガンダ政府が帰還を急いでいる背景には、ウガンダ難民を保護するために莫大な金銭的コストを負担しているという実情がある。
*リンク切れなどの場合にはコメントでお知らせください。
記事検索
ご案内

 ご訪問ありがとうございます。本サイトの趣旨や使い方はこちらをご覧ください。

---------------
RSSフィードはこちら

姉妹サイト↓
Refugee x Asylee x Me

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ