難民ニュースアーカイブ

国内外の難民(refugees)、避難民(displaced persons)、庇護希望者(asylum seekers)についてのニュースを紹介するブログです。

難民

アルビノを初めて難民と認定、スペイン政府

記事名 アルビノを初めて難民と認定、スペイン政府
著者名 不明
最終更新日 2009, December 23
サイト名 AFPBB news
記事URL http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2677703/5078680
アクセス日 2009, December 27
キーワード スペイン 先進国 難民 マリ難民 アルビノ
要点
  • スペインは政府は今月18日、アルビノの男性を初めて難民として認定した。
  • 男性はマリの出身であるが、アルビノであることが理由で呪術師に二度も誘拐されそうになるなど、本国では危険な状況にあった。
  • アフリカではタンザニアやブルンジでも二年間に50人以上のアルビノが殺害され、遺体が儀式などに用いられるために切断されている。
*リンク切れなどの場合にはコメントでお知らせください。

コンゴ民主共和国(DRC):北西部で起きた地域グループ間の戦闘で7万人が避難

記事名 コンゴ民主共和国(DRC):北西部で起きた地域グループ間の戦闘で7万人が避難
著者名 不明
最終更新日 2009, December 11
サイト名 国境なき医師団>ニュース
記事URL http://www.msf.or.jp/news/2009/12/2170.php
アクセス日 2009, December 14
キーワード コンゴ民主共和国 アフリカ 難民 国内避難民 コンゴ難民(DRC) 大量流出
要点
  • コンゴ民主共和国の赤道州では、今年10月頃から地域グループ間による戦闘が激化、これにより7万人以上が避難した。
  • このうち約4万人が国内避難民として同国内部に避難、約3万4000人が国境を越えて隣国のコンゴ共和国に避難した。
 
*リンク切れなどの場合にはコメントでお知らせください。

韓国生まれの難民子女、約8割が無国籍状態

記事名 韓国生まれの難民子女、約8割が無国籍状態
著者名 不明
最終更新日 2009, December 9
サイト名 Yonhap News Agency
記事URL http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2009/12/09/0800000000AJP20091209003400882.HTML
アクセス日 2009, December 9
キーワード 韓国 先進国 難民 庇護希望者
要点
  • 韓国で出生した難民・庇護希望者の子供の8割が無国籍であることが明らかになった。
  • 難民の子供が国籍を取得する場合には、母国の大使館で出生登録を行わなければならないが、この割合が19.4%と2割を下回った。
  • 難民の子供は韓国が血統主義を採っているために韓国籍を取得できず、また親が難民であるため母国の大使館にも出頭できない。このため無国籍になるしかない。
*リンク切れなどの場合にはコメントでお知らせください。

ミャンマー難民、来秋から受け入れ試行

記事名 ミャンマー難民、来秋から受け入れ試行
著者名 不明
最終更新日 2009, November 23
サイト名 YOMIURI ONLINE
記事URL http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091123-OYT1T00881.htm
アクセス日 2009, November 24
キーワード 日本 先進国 難民 ビルマ(ミャンマー)難民 第三国定住
要点
  • 日本政府は第三国定住制度の試行として、来年の秋からタイに脱出したビルマ難民の受け入れを行うことを決定した。
  • 受け入れはまず年間30名で、現地で面接などを行い候補者を決定する。候補者に対しては来日前に数週間、来日後に半年の研修を行い、日本語や生活方法などを指導する。
*リンク切れなどの場合にはコメントでお知らせください。

難民審査に9年、アフガン人男性 家族と再びひとつ

記事名 難民審査に9年、アフガン人男性 家族と再びひとつ
著者名 不明
最終更新日 2009, October 30
サイト名 YOMIURI ONLINE
記事URL http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20091030-OYT8T00117.htm
アクセス日 2009, October 30
キーワード 日本 先進国 難民 アフガン難民 ハザラ人
要点
  • 日本で9年以上に渡り難民認定申請を続けていたハザラ人(アフガニスタンの少数民族)の男性がこの度取材に応じた。
  • 男性は10年程前に来日し、タリバンによる迫害を主張して難民認定申請を行った。
  • 法務省が男性を難民不認定としたため、男性は行政裁判によって難民の地位を争ったが、2005年に男性の勝訴が確定した。しかし、男性の勝訴後も法務省は難民認定をせず、「定住者」の資格を与えることで解決を図った。(おそらく在留特別許可であると考えられる。)
  • 男性は今年に入って10年ぶりに家族と再会し、現在は日本で生活している。
*リンク切れなどの場合にはコメントでお知らせください。
記事検索
ご案内

 ご訪問ありがとうございます。本サイトの趣旨や使い方はこちらをご覧ください。

---------------
RSSフィードはこちら

姉妹サイト↓
Refugee x Asylee x Me

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ